女性ホルモン

セサミンの肝臓への働き

セサミンというと一番多く含まれている食品がゴマです。
一番多く摂取できる食品でもわずがゴマの1%しか摂取できません。
しかしそのセサミンの効果は高く、最も注目されているのが強い抗酸化作用です。

抗酸化作用は体内に発生する活性酸素を除去する働きがあり、アンチエイジングや健康維持、ガン予防などにも効果があることが分かっています。
中でも肝臓に発生する活性酸素を除去する働きが強いのが特徴です。
アルコールが好きな人にはぜひとりいれたい栄養素だといえます。

そしてもう一つの魅力は血中のコレステロール抑える働きhttp://www.oreanshealthexpress.com/dorodoro.htmlがあります。
今和食から洋食中心の生活になっている家庭が多く、脂質や糖分が多く含まれた食生活になっています。
すると必要以上のカロリーを摂取してしまい、血中にコレステロールがたまりやすくなります。

血中にコレステロールがたまると、脂質が酸化してしまい動脈硬化などを引き起こしてしまいます。
これらのことから、だれしもが日常生活で陥りやすい症状の改善に役立ちます。
中でも肝臓との関係はとても深いつながりがあることが分かっています。

昔からアルコールの前に練りゴマを食べたり、お酒のつまみにごまを使用した料理がとても増えています。
それはゴマが肝臓の負担を軽減させる効果があること示しています。
肝臓は沈黙の臓器といわれています。

肝臓は私たちが摂取する食物の中の解毒作用を行っています。
肝臓が機能しなくなってしまうと、肝不全となり死につながってしまいます。
もし肝臓が機能しなくなると肝臓移植しか方法はありません。

しかし肝臓はとても強い臓器でもあるので、半分までは切除しても問題なく過ごせるといわれています。
ただしなかなか症状としてあらわれないため、早期で肝臓の治療をすることは難しいです。
だからこそとりかえしがつかなくなる前に肝臓へのケアを怠らないようにしなくてはいけません。

そんな肝臓のケアに適しているのがセサミンです。
セサミンは血中のアルコールの濃度を抑える働きがあります。
さらに早くアルコールを分解させる機能もあるので、肝臓の機能向上につながります。
そして肝臓の負担も軽減させることができるので、肝臓疾患になりにくいといえます。

Copyright(C) 2013 ゴマの力で毎日健康に All Rights Reserved.